小樽からはいよいよ機関車の出番です。 準備が出来るまで、ここで約一時間の待ち合わせ。