« Jun 08 | トップページ | Jun 09 »

2010/06/09

菜の花畑

今日は上の娘(高2)が定期テストで、午前中で帰って来ます。

お昼には戻るつもりで、朝ごはんの片づけが終わってすぐに車に飛び乗りました。

休みの度に、花を求めて出歩いている気がしますが、考えてみると北海道は雪が溶けて花が咲き始めると、一気にみんな咲き出すのでしょうがないですね。(;´▽`A``

滝川の菜の花畑。

Img_0582

菜の花畑が近くなってくると、風のにおいまで花の甘い香りになる事を知りませんでした。

快晴で青い空だったらもっと、黄色い花が空の青に映えるんじゃないかと思いますが、あいにくの花曇り。

しかも途中で、雨がバラバラと降って来ました。

滝川の菜の花畑は、市町村別では日本一の作付面積なんだそうです。青森の横浜町が作付け日本一だったのですが、国が助成金の廃止をしたために2006年からは逆転。

・もともとは、土壌の質を高めるために試験栽培を始めたのが最初で、その後、菜種油を採取するために栽培面積が増えた

・2000 年には70ヘクタールだった作付面積は、2004年に120ヘクタール、2008年には前年比2倍とし210ヘクタールに菜の花畑を作付け
・今年の作付面積は約180ヘクタール

・滝川で主に栽培されている品種は「キザキノナタネ」
・約 20戸の菜種農家が栽培
・連作できないため、毎年場所が変わる
・集中しているのは滝川市北部の江部乙地区
・丸加高原側の丘陵地帯を中心に菜の花畑が点在している

ポン助さんからは、学校に残って勉強するというメールが来たので、花畑をのんびりと満喫♪

<オタマ様達へのお土産>

PANETTONE
Img_0588

滝川の道の駅で、菜の花祭り期間だけ販売されている各種おやつ。

この期間だけ、テントを張って売っているんだと思いますが、売り子のおじさんが

「これを作るために、朝菜の花をここに買いに来て作っているんですよ」
とか
「添加物が入ってないので、早めに食べて下さいね」
とか

地元の人ならではの心暖まる気使いに満ちていて、なんだかホノボノしちゃいました。

色々ありましたが、菜の花を見てないオタマ様達に見せてあげたいと思って、これにしました。

甘すぎずあっさりしていて、日持ちしないどころか夜のうちにペロリとみんなのオナカに飲み込まれて行きました。(;;;´Д`)ゝ

■おむすびころりん (1個 ¥200)
Img_0586

帰りに奈井江の道の駅にも寄りました。

ここは注文を受けてからおにぎりを握ってくれるんです。

ちょうど、おにぎり1個分だけご飯があって、明太子のおにぎりを握ってもらいましたー。

自分以外の人に握ってもらったおにぎりってなんだか嬉しくて、画像撮った後、すぐにオナカに吸い込まれました。

オタマ様達のお土産用にも、握ってあったおにぎりを買いましたが、こちらも晩ご飯前にやっぱりなくなってしまいましたー!

日本人はやっぱり、米ですね。( ^ω^ )

|

« Jun 08 | トップページ | Jun 09 »

+なまら情報♪+」カテゴリの記事

「+休日+」カテゴリの記事

「+おやつ♪+」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16541/48659581

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花畑:

« Jun 08 | トップページ | Jun 09 »